設備紹介

冷間ロール成形機(クイックフォーミングライン)

【お客様へ】

  • 同位置形状の製品断面を連続生産します。
  • 断面の精度が良好で表面性状がきれいです。
  • 生産スピードが速いです。
  • ロール金型交換(段取時間)がカセット式ですばやくでき多品種少量生産にも威力を発揮します。

【特長】

本機はタンデムに配置されたロール金型に金属鋼板(コイル材)を通し、必要断面を有する型鋼、パレット、シャッター、屋根壁材デッキプレート等を高精度均一で成形を行います。

特に、ロール成形は、多量生産向き、熟練技能が必要とのイメージがありましたが、本機は、カセット式のロール金型スタンドをクレーン操作によりベッドにセットするだけで、大幅に段取時間の短縮をし、調整が不要(特殊技能不要)であり、多品種少量生産には特に威力を発揮します。(NC制御により計画生産も可能)さらに、プレス・穴明・切欠・切断・溶接等の前後装置を組み込むことで、作業工程を大幅に短縮し、低コスト・省力化を行えます。

仕様成形機材質SGC570、亜鉛メッキ鋼板、一般材
板厚・板巾t0.5 〜 t2.3
100〜250mm
コイル内外径重量中508mm、中1500、Max2トン
(2トンシングル手動アンコイラー)
製品長さ1340mm、切断は10mまで可能
ロール成形0〜40m/分 インバータ制御
ギヤボックスクイック式22段
備考マコト精機 製