技術紹介

曲げ加工

板金加工は、曲げ加工が図面の指示通りできたら一人前と言われております。

当社は設備的には、NCプレスブレーキを9台保有し、大物曲げから、精密な曲げ迄、用途に応じ幅広い曲げ加工に対応することができます。板厚はt0.4mm〜t2.3mm迄を得手としております。

曲げは、特にプレス加工と違って金型で物造りをするものではありません。刃型と呼ばれるパンチとダイで曲げる訳ですが、NC装置にてある程度は制御するものの板厚と曲げRの選定ならびに曲げの加減などはまだまだ応用性が高いものです。

当社には、曲げのプロが多く、お陰を持ちましてお客様に「KATOの曲げ」の技術を高くご評価頂いております。